The Canadian Cattle Identification System カナダ畜牛個体識別システム

カナダ産牛肉の安全性は、連邦法に基づいてCCIA(カナダ畜牛個体管理局)が管理するカナダ畜牛個体識別システムによって守られています。無線式個体識別(RFID)テクノロジーとカナダ家畜追跡システム(CLTS)は、迅速で正確な個体識別と月齢確認を可能にしました。
CCIAは最新のテクノロジーを全国データベースに適用することで現在では国際的に評価されている効率的な月齢証明の仕組みを確立しました。


カナダ畜牛個体識別プログラムのフローチャート
カナダ全国畜牛個体識別システムは、カナダ連邦法に基づいてCFIA(カナダ食品検査庁)が施行している制度です。このシステムはトレースバック機能を備えているため、家畜病疫の封じ込めと根絶に重要な役割を果たしています。また、このシステムは飼育牛の健康管理にも効力を発揮し、消費者の食の安全に貢献しています。
最近になって電子月齢証明システムがCCIA全国データベースに加わりました。月齢は、個体出生年月日データと一頭ごとに異なるID番号とを利用することで確認できます。プログラムへの参加を選択する仔牛生産者は、出生に関する情報をデータベースに登録します。カナダ国内外のマーケットから要請があるときは、いつでもこれを引き出して確認できます。右のフローチャートが示すように、カナダ家畜追跡システムは牛肉供給ルートの全段階を通して機能しています。